TOP > 社内ニュース > 自分を変えるために地道に重ねた努力【配属3ヶ月研修を振り返って】

自分を変えるために地道に重ねた努力【配属3ヶ月研修を振り返って】 2015.11.9 (月曜日)

高橋2

新入社員配属3ヶ月研修を振り返ってのインタビュー。
2人目は、大阪法人営業部の髙橋さんです。


まずは、配属3ヶ月研修を振り返ってみてどうですか?

毎週先輩に報告するために1週間ずつごとには振り返っていましたが、配属当初までさかのぼって振り返っていなかったので、今回いい機会を頂きました。それにしても「もう3ヶ月?!」と驚くほどあっという間でした。
私は元々マイペースな性格で、競争心とかがあんまりなかったのですが、同じ部署の同期2人が明るく元気なキャラクターなので、どうしても自分はおとなしいとか声が小さいと言われて比べられることが徐々に多くなってきて…。そこから段々負けたくない!っていう気持ちが強くなりました。ただ、性格は変えようと思ってもすぐには変えられないので、まずは出来るところから変えていこうと意識しました。当たり前の事ですが、電話を早く取ったり、大きい声で挨拶する事を常に心掛けたり、とにかく何か2人に負けない目標を作ろうと思い実践しました。
思ったより出来ていないかなと思っていたのですが、改めて3ヶ月を振り返ることで気付けたこともたくさんあって、小さなことかもしれないけど少し成長できた部分はあるような気がします。

確かに、最近明るくハキハキと話しているなと思っていました。自分の出来ること、当たり前のことからきちんとやっていこうと頑張っている姿は、きっと周りも見ていたと思います。

 

今は配属部署で研修を受けているんですよね?

部署の方針として、しっかり1人前になってからお客様を案内させて頂くということになっています。基本的にお客様の要望は皆さんバラバラなので、臨機応変な対応が必要になります。今はそのイレギュラーに対応できるよう、先輩にお客様役をして頂いて繰り返し練習をしています。経験値や重視するポイントが先輩によってそれぞれ異なるので、いろんな先輩から吸収したいと思っています。
1つ1つ確実に課題をクリアして、この研修が終了する頃には戦力になっていられるように頑張ります。

高橋1

今回初めての繁忙期を経験しましたね。先輩たちから繁忙期のことは聞いていたとは思いますが、実際どうでしたか?

思っていたより何も出来ませんでした。鍵渡しなどで社内にいることが少なかったので、正直繁忙期っていう感じがよく分からないままバタバタと一ヶ月が過ぎて「あれ?繁忙期終わってる…」という感じでした(笑)。
鍵渡しでは、京都や姫路など普段あまり行くことのないところに行かせてもらい、実際の案内とはまた違うとは思いますが、お客様とお話させて頂くのが、とても楽しかったし勉強になりました。

お客様と直接関われたということは、今後の案内にも繫がりますね。

 

では最後に、今後の目標や課題について教えて下さい。

営業としてはまだ積極性に欠けるところがあるので、そこは今後も更に伸ばしていきたいと思っています。会社には尊敬できる女性社員の先輩がたくさんいるので、まだまだ足元にも及びませんが、少しでも近づけるようになりたいですし、当たり前のことが当たり前にできる人でありたいです。来年には新入社員が入社してくると思いますので、その時に後輩をちゃんとフォローできるような先輩になっていたいです。


配属されて3ヶ月、最初の頃と印象がだいぶ変わりました。自分で意識を持って変わろうとしたこと、意識しているうちに負けたくない!という気持ちが芽生えてきたこと、自分を変えようと努力していたんだなと感じました。これからもその気持ちを忘れずに、更に成長していってほしいです。髙橋さん、ありがとうございました!

この記事を書いた人

北口 由香
【2011年入社】2014年7月から広報部に配属になった北口です。『アパルトマングループ』の事、お部屋探しの事、これからたくさんご紹介していきたいと思いますので宜しくお願いします。


この記事のコメント

社内ニュース新着記事