TOP > 社内ニュース > 着々と契約決定中!今後の活躍に大注目の新入社員にインタビュー

着々と契約決定中!今後の活躍に大注目の新入社員にインタビュー 2015.09.25 (金曜日)

アイキャッチ

早いもので9月ももう残り5日。
読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋…今年の秋も忙しくなりそうです!

 

さて先日に引き続き、新入社員が契約を取ったということだったので、今回はアパルトマンイクシーズ株式会社の小林君に取材に行ってきました!


Q:ではまず、小林君の仕事内容について教えて下さい。

管理会社様に空室状況などを確認し、そのお部屋をウィークリー、マンスリーマンションとして運営しませんか?というご提案をさせていただいています。簡単に言えばお部屋の仕入れです。

おおまかな仕事の流れとしては、まず管理会社様に電話でアポイントを取り、ウィークリー、マンスリーマンションがどういうものなのかを直接説明に伺います。その際に物件資料をいただき、それを元に後日改めて提案に伺って、契約締結となればウィークリー、マンスリーマンションとして運営という形になります。

 

Q:契約が2件決まったそうですね。おめでとうございます!契約が取れた時はどんな心境でしたか?

ありがとうございます!

1件目は先輩に同行してもらって契約が取れたのですが「やっと取れた」という感じでした。2件目は説明に伺った段階で、管理会社の担当者の方とも、ある程度深い話ができていて、自分の中で契約が取れるという自信があったので、1人で提案に行かせて下さいとお願いしました。なので、無事契約が決まった時はめちゃくちゃ嬉しかったです!
しかも、家具付きのお部屋なので、家具の手配や搬入の手間が省けて、通常より早いペースでオープンできます。

 

Q:提案しに行くにあたって、何か心掛けていることってありますか?

先輩の良いところは真似をするようにしているのですが、先輩のように冷静に落ち着いて提案することはまだできていません。説明に伺った際に「若いね?新入社員?」と聞かれることもよくあるので、今は新入社員らしく元気よく、誠意を持って話すというところを常に意識しています。
提案の際にも、持参した資料は最初から開かないようにしています。いきなり本題に入ると担当者の方も身構えてしまうと思うので、本題に入る前の「前置き」の時間をじっくり取っています。担当者の方と距離を縮めるためにもこの時間をすごく大切にしています。

 

 

小林君2

Q:今後の目標や課題はありますか?

今はまだオープンするまでの全工程を1人でやった事がないので、一通りの流れを1人で任せてもらえるようになることと、9月中に5件以上契約を取る事が目標です。部署としての数字目標があるので、部署を支えられるようになりたいです。

 

Q:最後に、配属になって約2ヶ月半経ちましたが、自分の中で配属当時と何か変わったことはありますか?

配属当時と比べて、自分の意見をしっかり考えるようになりました。
お部屋に家具を備え付ける時に、ここにはこんな家具を置いて、配置はこういう風にした方がいいんじゃないかとか、仕事をしていく中で新しい楽しみがどんどん出てくるので、すごくやりがいがあります。配属当時から仕事が楽しいということは変わっていませんが、契約が取れて結果が形として見えてきたことで、自分の自信にもつながりました。


広報部にインターンシップに研修に来てくれていた時、内定者の中で一番緊張していた小林君。今回久しぶりに話をしたのですが、話し方も堂々としてすっかり営業マンの顔になっていました。どんどん仕事が楽しくなってるんです!と話してくれる姿を見て、これからの活躍に期待が高まりました。

小林君、ありがとうございました!

この記事を書いた人

北口 由香
【2011年入社】2014年7月から広報部に配属になった北口です。『アパルトマングループ』の事、お部屋探しの事、これからたくさんご紹介していきたいと思いますので宜しくお願いします。


この記事のコメント

社内ニュース新着記事