TOP > 住まい > 預り金保証制度について

預り金保証制度について 2015.10.5 (月曜日)

樋口さんアイキャッチ

こんにちは、樋口です


弊社は日管協の預り金保証制度の加入審査に11年連続で引き続き通過しました。

預り金保証制度とは…
賃貸住宅市場の一層の健全化を目的として、オーナーの皆様の不動産を管理する管理会社が加入する制度で、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会により運営されています。

制度加入時には、第三者機関である保証制度審査会(公認会計士・弁護士・大学教授等で構成)が加入申込み会社の決算書を審査するため、制度への加入は経営の安定した管理会社であることの証しのひとつになります。(保証期間は毎年9月30日までの1年間です)

本制度による業務
1.管理会社倒産時における、引き渡せなかった預り金の保証弁済
2.オーナーの要請に基づく、緊急的・一時的な管理代行会社の紹介
3.オーナーへの未回収債権の回収支援
4.管理会社への安定経営のためのアドバイス

昨年、日管協預り金保証制度に、 連続して10年間決算書等の経営適正審査に通過し、表彰楯を頂きました。
これからも健全経営を改めて、お約束致します。

この記事を書いた人

樋口次郎
倒産寸前から現在まで、個人商店から組織形態まで、新卒入社から営業統括責任者、取締役を経て、現在は常務取締役 兼 グループ会社の代表取締役社長として1つの会社でリアルに濃く実践中です。


この記事のコメント

住まい新着記事