TOP > 住まい > 時間内通行禁止エリアでコインパーキングを運営する方法

時間内通行禁止エリアでコインパーキングを運営する方法 2015.09.15 (火曜日)

TPマガジン1

アパルトマンイクシーズ大阪、リーダーの益繁(マスシゲ)です。
今回は『時間内通行禁止エリアで運営』について書きたいと思います。

 

皆様の周りでも、道路に時間内通行禁止の標識が立っている道路があると思います。

例えば商店街であれば、朝と夕方が通行禁止になっていたり、幼稚園や小学校などがあるエリアでは9時~11時は車の通行禁止となっている道路がたくさんあります。

そういう場所では、当然ながらその時間帯は車両の通行が出来ないため、コインパーキング運営には適さないと考えられていると思います。

 

でも、考えてみてください。それ以外の時間は車が通行できる状態なんです。
そして、商店街や学校など人が集まる場所はコインパーキング運営に適している立地です。

土地オーナー様からは、通行禁止のルールを破って車両が進入し、周辺の皆様に迷惑をかけたくないから提案はしなくていい、なんていう声もあります。でも、駐車場は空いていて困っている。

 

そこで弊社は考えました。

その時間帯に車両が進入しないように誘導すればいいんだと!

コインパーキングにずっと付きっきりで誘導することはできませんが、車両が間違って進入しないように、通行禁止の時間帯に誘導しますと提案することで、土地オーナー様にも理解して頂けますし、周辺の皆様にとっても安心・安全を提供できます。

 

様々な規制があって土地活用を諦めていませんか?
他社に相談しても「提案できない」と言われ、お困りではありませんか?

弊社では様々なご提案をさせて頂きます。
ぜひ一度弊社にお声掛け下さい。

これからも皆様のお力添えの程、何卒宜しくお願い致します。

 

この記事を書いた人

益繁 元
アパルトマンイクシーズ㈱西日本営業本部、リーダーの益繁(マスシゲ)と申します。


この記事のコメント

住まい新着記事