TOP > 住まい > なんのために不動産投資をやるのか?

なんのために不動産投資をやるのか? 2011.05.17 (火曜日)

樋口さんアイキャッチ

こんにちわ。不動産コンサルタントなFP社労士の樋口です。

 

今回は、何のために不動産投資をやるのか??です。

お金持ちになりたい、
いい生活をしたい、

などなど、いろいろな目的がありますが、今回は、ライフプラン設計の観点から考えてみます。

サラリーマンは、人生で2度お金の山場があると言われてます。

ひとつ目が、住宅の購入と子供の教育費です。35歳から55歳くらいまででしょうか。
ふたつ目が、定年後です。60歳から65歳以降でしょうか。


人生の三大身分不相応として①住宅 ②自家用車 ③子供の教育が挙げられます。
特に、年収1000万円以上とかのそこそこ良い生活をしていた世帯が定年後、なんの準備もしていなければ、ギャップが大きくなる傾向があります。年収の格差ほどには、年金の格差は無いです。年金では、年収200万円と300万円くらいの差です。貯金をしているだけでは、不安です。

たとえば、1000万円の貯金は、月25万円使うとして、3年ちょいで底をついてしまいます。その他、年金があるとしても、将来的に、年金はどうなるかわかりませんし、定年前のリストラや倒産のリスクもあるでしょうし、健康の不安もあるでしょう。

 

貯金だけでは、無くなっていくばかりで不安極まりなくなってくるかもしれません。そこで、まず把握しておくこととして、

・年金でもらえる月額
・貯蓄型保険等をかけていたらもらえる年金(一時金)

等々、月額いくら入ってくるかを把握しておきます。
その上、月いくらの生活をしたいのか?を設定し、足りない分を不動産の不労所得で補う!というのが、ライフプラン設計上の不動産投資をする意味かもしれません。

 

「いくら貯金もっているか」より「いくら月額入ってくるか」が大事です。
そして、自分でコントロールできる範囲の投資にしていくということが大事ですアップ

次回は、年金についてみてみます。

 

では、今回もお付き合いありがとうございましたOK

 

 

 

ツイッターでもマメ知識つぶやいてます。フォローよろしくおねがいします。

http://twitter.com/jirohiguchi

—————————————————-

不動産投資・土地活用・相続対策・賃貸トラブル等の無料コンサル受付中
*大阪圏、首都圏限定

①まずは、無料診断
②収益シュミレーション予測を作成

—————————————————-

収益不動産情報を探している方、興味がある方、こちらで登録してください。
*週1、2回メールにて情報送信します。

—————————————————-

ご相談・ご質問はこちらまで
不動産コンサルタントなFP社労士 樋口 次郎

大阪府吹田市江坂町1-23-28江坂南口ビル
アパルトマン株式会社 www.aprt.jp
TEL (06)6821-6606
FAX (06)6821-3249

E-mail: higuchi@aprt.jp

*メールでもお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

樋口次郎
倒産寸前から現在まで、個人商店から組織形態まで、新卒入社から営業統括責任者、取締役を経て、現在は常務取締役 兼 グループ会社の代表取締役社長として1つの会社でリアルに濃く実践中です。


この記事のコメント

住まい新着記事