TOP > 住まい > 住宅ローンの最新状況(フラット35)

住宅ローンの最新状況(フラット35) 2011.04.27 (水曜日)

樋口さんアイキャッチ

こんにちわ。不動産コンサルタントなFP社労士の樋口です。

 

住宅ローンの現状ですが、、低金利で売れ行きは好調なようです。
しっかり準備をしている人には、現在は良い状況だと思います。

 

長期固定金利住宅ローン、フラット35の現状です。

平成23年4月時点の金利ですが、返済期間が21年以上35年以下の場合で、年2.63%~年3.58%です。
年2.63%というのが一番多いところですかね。
これに、今年12月30日までは、金利引下げ幅拡大の適用期間が延長されましたので、優良住宅に該当すると(フラット35S)、当初10年 年率▲1.0%となります。

*新築で買われる場合は、ほぼ優良住宅の要件を満たしているようですが、特に戸建てなどで基準に該当せず、使えない場合もあるようです。

 

つまり平均的な属性の人は、10年目まで 1.63%、11年目から 2.63%という形が多いかと思います。

変動金利に関しては、住宅ローン獲得競争が激化しており、各行の金利優遇合戦となっています。

ローンを固定で組むか変動で組むかは、各人のライフプランや考え方でかなり変わってきます。

この記事を書いた人

樋口次郎
倒産寸前から現在まで、個人商店から組織形態まで、新卒入社から営業統括責任者、取締役を経て、現在は常務取締役 兼 グループ会社の代表取締役社長として1つの会社でリアルに濃く実践中です。


この記事のコメント

住まい新着記事