TOP > 住まい > 法人契約でお部屋を探す場合、まずは何をどう始めればいいの?

法人契約でお部屋を探す場合、まずは何をどう始めればいいの? 2014.11.17 (月曜日)

service_buy

こんにちは。広報部の北口です。

社員の社宅ってどうやって探したらいいの?
法人契約でお部屋を探したいけど、
まずどこに連絡を入れたらいいの?
どんな流れの契約になるの?
悩んでいる法人様はいらっしゃいませんか?


当社では法人様仲介専門の部署があり、日本全国でお部屋探しのお手伝いをさせて頂いています。

 

法人契約とは借主が入居者様(個人)ではなく、法人様(企業)となる契約です。
今回は法人契約がどのような流れで進んでいくのかを説明していきます。
大まかに分けると下記のようになります。

2014,11,13

では、早速詳細をひとつずつ説明していきましょう。

依頼・条件確認

初めて当社にご依頼頂く場合は、法人契約でお部屋を探しているという事と、賃料・間取り・希望エリア等の詳細をお伝えください。その際、敷金・礼金の規定や、その他にも気を付けなければいけない規定があれば、この段階で伝えておいて下さい。

この規定の内容によっては、先にお伝え頂かなければ規定外の資料を出してしまう可能性があります。下記の様な火災保険の規定においても重要になってきますので、事前にお伝え下さい。

例えば法人様契約の場合、ご契約の際に入って頂く火災保険には3種類あります。
・法人包括保険
法人様が企業名義で入る保険
・法人指定保険
法人様が指定されている保険に法人様名義もしくは入居者様名義で入る保険
・指定無し
法人様の指定が無く、主に管理会社等の保険に法人様名義もしくは入居者様名義で入る保険


その後、依頼書だけでは分からない詳細をお伺いする為に、直接お電話でヒアリングをさせて頂きます。実は、ここでのヒアリングが重要になります。直接お話することで、今まで色々なお部屋を見てきた営業マンが持っている情報をお伝えし、よりご希望に沿ったお部屋をご紹介できることができます。

 

検索・資料送付

依頼書とヒアリングによって導き出した希望条件を基にお部屋を検索します。
基本的に資料は担当者様もしくは入居者様に、メールもしくはFAXにて当日中に送付します。
その際、もちろん空室の確認を取れたものをお送りしますが、その間にもどんどんお部屋は別のお客様で申し込みが入ったり、契約が決まったりする可能性がありますので、その点は何卒ご了承下さい。

 

ご案内

気になるお部屋が決まれば、いよいよ次は下見・内覧です。もし、事前に気になるお部屋があれば、前日迄に営業マンにお伝え頂ければスムーズにご案内できます。不明な点などあれば、当日営業マンに相談して頂ければ、お答えさせて頂きますのでご安心下さい。

契約手続き

物件決定後、管理会社に申込書を送付します。そしてその後、オーナー稟議に入ります。この稟議は1~2日程掛かる事があります。審査通過後に契約書雛形を当社で受理します。

契約書雛形が届き次第、当社で双方に不利が無いかを確認し、訂正箇所があれば管理会社に当社より訂正依頼をかけます。必要な申請書類が揃い次第、代行会社様もしくは法人の社宅担当者様に稟議を上げさせて頂きます。この稟議は、長いところで3~5日程が掛かる場合がありますのでご了承下さい。
稟議の承認が下りた後、鍵のお渡しなどの打ち合わせをした上で、基本前日以降に鍵をお渡しさせて頂きます。

 

法人契約の大まかな流れを説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

社員様の寮や社宅のことで悩んでいる法人様、お部屋探しのどんなことでも構いません。是非一度当社までご相談ください。きっとお役に立てると思います!

 

お問い合わせはコチラまで
アパルトマンエージェント株式会社
法人営業部
osaka-cs1@aprt-a.jp
06-6821-2201

この記事を書いた人

北口 由香
【2011年入社】2014年7月から広報部に配属になった北口です。『アパルトマングループ』の事、お部屋探しの事、これからたくさんご紹介していきたいと思いますので宜しくお願いします。


この記事のコメント

住まい新着記事