TOP > 住まい > コインパーキング売上げ改善策について

コインパーキング売上げ改善策について 2014.09.9 (火曜日)

tp

タイムパーキング大阪 リーダーの益繁(マスシゲ)です。
今回は現場売上げの改善策について書きたいと思います。

 

コインパーキングは、土地を見つけオーナー様とご契約を交わして終了ではなく、運営するところからがスタートです。

想定した売上げを早期達成するために、色々なことを実施する場合があります。

ほとんどの場合はオープンした現場にのぼりを立てたり、周辺の住宅にチラシを投函して、現場が出来たことを認知して頂く事から始めます。住宅地などでは特に認知されるのに時間がかかるため、当社の社員で「この場所にコインパーキングがあります」ということを知って頂くために、最近ではポケットティッシュに現場の地図などを差し込み、周辺の方はもちろん、他のパーキングに車を止められている方にも配っております。ティッシュであれば受け取っていただく確率も高く、認知を早める一定の効果があると考えています。

 

また、オープンから一定期間が過ぎ、それでも売上げが芳しくない場合は、1日の売上げや時間帯別の入庫出庫データなどを細かく調査し、料金改定を行っております。

例えば、出入りの多い現場では30分100円のところを、60分200円に改定します。
表示自体はそんなに変わらないように見えますが、この表示にすることで実際の売上げは大きく変わってきます。

しかし、料金改定をしても利用して頂いているお客様が減ってしまっては意味がないので、直接現場に行き他社コインパーキングの料金体系や、現場の周辺がオープン当時と何か変わっていないかも入念に調査します。

 

このように売上げ改善策を徹底調査し、売上げを維持・向上させることで、オーナー様に土地代を安定してお支払いできる状況を作っています。

今後も一現場ごとに細かく注意を払い、皆様から安心して任せて頂けるよう努めてまいります。

タイムパーキング株式会社

この記事を書いた人

益繁 元
アパルトマンイクシーズ㈱西日本営業本部、リーダーの益繁(マスシゲ)と申します。


この記事のコメント

住まい新着記事